スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上京、改め下京&ライヴの合わせ②

土曜日の合わせが終わり、腹ペコな私たちはお弁当を片手に帰宅。
Mさんといつものようにあれこれお喋りしながらパクパク
日曜午前はMさん恒例の自習日なので、なるべく早く就寝。
(と言ってもこれが難しいのですが・・・)

翌朝、またまたヘルシー朝食を頂いてスタジオへ。
朝が苦手な私は全く踊れる気がしないので、僭越ながらパルマを打たせていただきました。

得意ではない上に、初めて叩く曲はまた難しい・・・
邪魔してるのではないかと思いつつ、ご一緒するライヴでは叩かなければいけないので
理解せねばと必死です
どんな取り方で叩いたらよいのか模索。
最後はなんとかしっくりきて、とりあえず一安心でした。


踊っていないのにお腹は減り、駅ナカのお茶漬け屋さんへ
来日するアーティストのクルシージョ情報をチェックしながらまたぺロリと一杯
夜の合わせまではそれぞれまた用事があるので(Mさんはホントに色々と忙しい人です)
目的の場所に向かいました

私は今月28日にある地元でのライヴに必要なものがあったのでフラメンコショップに行くと
偶然にもWさんとFさんが衣装のお買い物に来ていました。

また嬉しい偶然

12月22日のライヴに来てくださることになりました。
Wさん、いつも応援ありがとうございます


買い物を済ませ、合わせの前に私はカンテ(歌)のクラスに参加です。
カンテを楽しく口ずさむ程度にできたらよいなとお邪魔してみました。

先生から「群馬の人も一人いるんですよ。」と聞いていたのですが、お会いしてびっくり
お仕事関係の方でした。
やさしそうな雰囲気で、フラメンコをやっているようには見えず、しかもカンテのクラスという
若干ディープな分野に触れているとは。
(注:フラメンコをやっている人がやさしくない雰囲気だという意味ではありません
群馬にカンテを習うフラメンカがいたのね!と、すっかり一人で興奮し
あれこれ聞いてしまいました。
すいません・・・、人前で。

クラスはルンバ、セビジャーナス、ファンダンゴなどの歌詞を一通り読んでみてから
先生のギターに合わせて歌ってみるという具合です。

たのしーーーーー

単純に楽しいということに心が躍りました。


クラスが終わった後、少しだけ時間を頂いて4日に踊るアレグリアスの流れを確認して頂きました。
ライヴで踊るのは初めてなので、ちょっと不安です。
ギターのS先生は、よりわかりやすくするためにアドバイスをくださいます。
タブラオライヴをやっていきたい私にとっては、いかにわかり易い構成にするかが
ポイントになっています。
未熟な私は、自分でやっているとなかなかわからないもので・・・
いつもありがとうございます


そして再び合わせの時間に。
Iさんがまたギターを携えてやってきました。
私は盛りだくさんの2日目にちょっとお疲れ気味。
というより、炭水化物の食べ過ぎですっかりお腹が重くなってしまいました。
いつも腹12分目なもので
踊る前は節制しないといけませんね・・・。

私は最後に一度だけ踊り、本日は終了です

練習しておきますーーー






スポンサーサイト
アロハ~! フラダンス | Home | コーラス

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。