スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえてのフラメンコ

前回のブログから1年経ってしまった(´Д` )
今日は相当な空き時間があるので思い立って書いてみました。

カフェでYouTubeを開きフラメンコの動画を見る。
先ほどのクラスで教えてもらったことを思い出し、「はー。なかなか出来ないな〜。」と嘆く。
出来ない理由は練習が足りていないとか人間が出来てないとか沢山あるのだが、その1つに身体の構造があったりする場合がある。

フラメンコを踊るときに、「スペイン人または欧米人とはそもそも身体の構造が違う」という、そもそも論を聞く又はする事がある。
加えて「文化が違う」「環境が違う」も飛び出し、そもそも私たち日本人には無理だという残念な結論になる。
そりゃそうだ。生まれ直さなきゃ難しい。
途中参加のハンデを補うのは中々難しい。

私の母と祖母は日本舞踊の師範で歌舞伎や日本舞踊が大好きだ。
私も幼少に習い始め、大学時代までお稽古に通っていた。しかし色々な理由がありフラメンコの舞踊に興味を持って現在に至る。なので日本舞踊はホントにたまーに地元で機会があると舞台に立つ程度だが、少し浚えばなんとか日本舞踊の間や感覚を思い出す事が出来る。ありがたいことだ。この先、目指すことはないかもしれないが反抗的な私に辛抱強く稽古を付けてくれた祖母と母には頭が上がらない。

先日、テレビで中学か高校生くらいの女の子が見事な民謡を披露していた。その子は「将来は、私のおばあちゃんの様に民謡が歌えるようになりたい!」と瞳を輝かせていた。おばあちゃんは、それはそれは満足気な表情で孫を見つめて喜んでいた。
私は自分が日本舞踊を継がなかったことは仕方ないと割り切っているが、祖母と母は残念だろうなあと少しだけキュンとする。

今日、私は母と母の小学生のお弟子さんと一緒に上京してきた。母たちは6月の発表会に向けて会主である師匠に稽古をつけてもらうべく、下北沢に行った。お弟子さんは、かつて私も同じ会主のもと大舞台で踊った演目を踊るので、道中に私の苦労話や体験談を聞かせていたら「彼女はしっかりしてるから大丈夫よ!あんたの変な話を聞かせないで!」と怒られた(´Д` )

日本舞踊を舞台で踊る時は、ベタベタの白塗りを手足にまでした上に、おもーいカツラと衣装を付けて中腰で踊る。
演目によっては小道具もたくさん登場し、それを使いこなしながら立ったり座ったりひざまずいたりし、男役の場合は大股を開いたり身体の側面で舞台に乗ったり…とかなりの重労働なのだ。
そして足元は今は滅多に履かない足袋を着用するので指股が痛いし痒い(´Д` )

私はフラメンコの舞踊の壁にぶちあたる度に「日本舞踊ならこんなに苦労しないのではないか」という思いが脳裏をよぎった。
着物は似合うし、唄の情景も想像出来るし…と。
しかし日本舞踊も簡単ではない。
阿吽の呼吸、色香、セリフの言い回し等々、追求すれば壁にぶちあたりまくりだ。
結局のところ、私は日本舞踊を追求しなかったからそんな思いがよぎるのだろう。
日本舞踊、申し訳ありませんm(_ _)m

前に、来日したマリア・パヘスの記事を読んだ。
「私はスペイン、セビージャに生まれ育ったからフラメンコを踊っているの。もしも私が日本に生まれていたら、きっと日本舞踊を踊っていたわ。自然なことじゃないかしら?」
という感じの内容だった。

至極納得…。

しかし私はあえてフラメンコを趣味としている。
なんか好きで、ワクワクするから^_^

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。