スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更。

先日、サラ・アンダルーサのライブが終了しました。
応援して頂いた皆様、誠にありがとうございました!!!
今回は「今更。」と題して自分への戒めに書き記しておきたいことがあります。
本当に、 い・ま・さ・ら なのですが。

今回のライブで共演してくださった、モイ・デ・モロンとパコ・イグレシアス。
「共演」なんていうのもおこがましく、カンテ(歌)とギターで支えてくださいました。
全力で。

ここのところご指導をして頂いてる踊り手の萩原淳子さんが、「モイは手を抜かない」と仰っていた通り、どんな時も手を抜かないで歌うモイ。
ライブでは見てきたけれど、同じステージにイスを並べて座らせてもらい、自分の隣で・後ろで発しているそのパワーにとてつもなく揺さぶられる自分の心。

大きな感動のあとに押し寄せてきた自責の念は、無視できないものでした。

私はちゃんとやったのか・・・。

彼らは彼らの役目を全力でやっている。
そう言うと当たり前のように感じるが、実は難しい事だと思う。
フラメンコの歌・ギター・踊りは三位一体と言われ、お互いに触発しあう。
彼らと自分とでは「互いに触発」なんて成り立つわけがなく、私の踊りを見てインスパイアされることなんか何もない。
だから当然、彼らのテンションは下がるのだ。
しかしパコは私が迷ってやっている足振り(ステップ)について謝ると、「大丈夫。俺は基本を弾き続けるから、よく聞けばリズムに戻ってこれるよ。最悪、最後は合わせる。」と言ってくれた。
そして私の迷い足に対しての彼の寄り添い(支え)ぶりは素晴らしいものだった。
弾いていて、絶対にたくさんの「???」があったはずなのに。

モイもそうだ。
「今のジャマーダ(はい、ここで歌ください!と歌を呼ぶ合図)か?」とか「どんなテンションなんだ?」とか、ちょっと歌えませんよ~!!!という気持ちだっただろう。
しかし歌う。全力で。素晴らしい彼の節回しで。

この、ものすごくプロフェッショナルな仕事をする彼らに対し、なにも果たせていない自分。
申し訳なく、情けなく、ひたすら反省。
私は何者であれ、「踊ります!」と言って舞台に上がる以上、自分の持ち場に責任を持たなければならない。
このことを本当に改めて実感させてくれた今回のライブに大感謝です。

壁に貼って、胆に銘じて、石に刻まないと!!!!!









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。