スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万年反抗期が流れに身を任せる

この夏、アレグリアスで過ごしています♪

むはは。
どういう意味?なわけですが(笑)、ザッと説明しますと

夏のスペイン滞在期を少しよみ間違えたことに気付いた頃、
日本でアレグリアスの学びが始まり、
スペインでもペペ先生にアレグリアスを学ぶのが良いかも?となり、
もうここまで来たらこの機会に休日は憧れの地(サン・フェルナンド)に行くか!

と、なった結果、幸せの渦に飲みこまれました



家族または私を良く知る人は、私の行動の90%が自発的であることを知っていると思う。
簡単に言うと、「人のいう事を聞かない人」←語弊ありまくりですけど
人のいう事を聞かないのではなく、それに同意していないということなんですが。
結果、母親には「万年反抗期」と呼ばれるのです。
同意していないだけで、反抗しているわけではないのですが

まあ、生い立ちは多分大きく影響して、「私は自分の行動を自分で決める!」と、
中学生になる頃には決心していました。
なので、様々な選択の場面では単なる衝動や直感が働かない場合は
「これは自分の考えか?」と自分に問い、できる限り自分で選択をしてきました。

私は第一子なので、兄弟・姉妹の前例がない。そして、生意気にも親の薦めはきかない。
だからもちろん、自分が決定した選択にたくさん後悔もしました。
格言好きなのは、この経験からきているのかも・・・
ははは。

そんな私が少し前から「流れに身を任せる」という事を覚えつつあります。
40過ぎて、よ、ようやく?!
いや、40過ぎたからでしょう(笑)
30代ではありえない出来事です

常にやりたいことに溢れているので、今までは「やりたいことをやるには、どうしたらいいか」について考え(まあ、これは自分の起源に変わりわないのですが)
そこで起こる逆流(障害壁)にモーレツ反抗して行動していました。
自分にとってそれが正しく、そうしないといられなかったのです。
「障害壁は単なる障害壁。邪魔をするものでしかない。」と、捉えていました。
真っ直ぐに突き進むのみ。これぞ為すべきこと!と。


今回も最初のよみ間違えに、「ぎゃーーー!ありえなーーーーーーい!私としたことが―――――!!!!!」
と、段取り好きな私は少し放心しましたが、スッパリ諦めて良い流れに気付く事ができ、最終的には「もう、こうなる運命だったのだ(大げさだけど)」という展開になりました。
でも、いやいや、ホントに。
だって最後に泊まったお部屋に「Alegrias」という名前がついてたんですよ
こんな偶然あります???

IMG_3037.jpg







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。