スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンチャ!

週末はコンチャのクルシージョに行って来ました。
今年は2日間、2クラスずつ受けてきました。

コンチャは適当を許しません。
できていないと、大きな体と大きな眼で迫ってきます。(笑)
質問をすると、できるかどうかをその場で確認します。(汗)
うっかり?質問をしてしまい、皆さんの視線の中&コンチャの目の前で
質問したところをやる羽目に・・・。(大汗)
で、もちろんトチります。(涙)

「そんな緊張しないで」と、コンチャが言うのだけど、ムリさ~!
赤面しながらやる私・・・。

こうして毎回、修行を積んでゆくのだな~。



クラスはとってもコンチャ。
タバコ片手にしていることも。(笑)
それはセビージャでもここ日本でもお馴染みの光景です。
が、湯上りタオルを首にかけ、真剣にコンチャを教えてくれます。

「mira,mira,mira!」(見て、見て、見て!)と。



数年前にヘレスの劇場でコンチャの舞台を見たとき、ただ涙が出てきたことに
自分自身で驚いたことがあります。

この涙の理由はなんなのだ?!


それまで、私が流した涙には理由がありました。
寂しい、悲しい、嬉しい・・・。
そして私にはごく稀ですが時には悔しいというのも。

だから、それは考えても理由が分からなかったのです。


友達は私に、私の中にある普段は閉じているものが、あるエネルギーやパワーを受けて
パカッと空くのではないかと教えてくれました。
(違ってたらごめんね)

トマティート&カミロの演奏を聞いたときも同じ種類のものだと考えられます。

何かの感動なのです。

でも何の???


理由が欲しい私は、昨年コンチャに聞いてみました。

「だってbonitaだからよ。」と即答でした。


bonito(a)はスペイン語で、素敵なとか美しいとかいうのが基本の意味です。


それを聞いて私は、コンチャの踊りにありのままの真実を見て、
トマティートとカミロの演奏に彼らの音楽への愛情を感じて、
なんて美しいのだ!と涙したのかなと考えています。

これからもそういう涙を流せるものに出会っていきたいです。



コンチャ、今年も遠路遥々と来てくれて本当にありがとう!!!



PS
コンチャいわく、日本は大好きで第二の故郷!
だけど、遠路と靴を脱がなきゃならないのだけが嫌いだと言ってました。(笑)






IMG_0425_convert_20120220002207.jpg





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。